生保労連(全国生命保険労働組合連合会)は生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合)を組織する労働組合です。

生保労連のつなげる、つながるブログ

我が家の恒例イベント

みなさん、こんにちは。

生保労連中央執行委員1年目、明治安田労組の市川と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

今は行楽シーズン真っ盛りなので、この時期の我が家の恒例イベントである潮干狩りについてお話させていただきます。

無類の貝好きな私、砂遊びが大好きな子供たち、お出かけが好きな妻という方向性をまとめた結果、数年前から潮干狩りに行きはじめ、春の恒例行事となっています。親としては、潮干狩りは、大自然を感じ、生き物と触れ合うことができる(食べてしまいますが)ことや、比較的費用が安くて楽しめる等のメリットを感じています。

今年も潮干狩りにいってきました。千葉県の富津に向け朝6時に出発。現地に予定より早く到着しましたが、入場口はまだオープン前にも関わらず、100人以上の長蛇の列。多くの潮干狩りファンの本気さが伺えます。

 

ようやくオープン。朝早くから数百人のお客さんが、まだまだ冷たい海水に足をいれ、貝を探しています。初めはおしゃべりしながら和気あいあいと貝を探すのですが、そのうち没頭し、会話がなくなるくらい集中します。大きいアサリやハマグリを見つけた時は、大人でもテンションがあがります。干潟にいる小さな魚、エビ、カニを見つけた時には、子供はさらに大喜びです。普段生活しているとスーパーでしか見かけませんが、動きまわる海の生き物とは、海でしか触れ合えません。

 

1時間半が経過し、いよいよ下の子が飽きだし今にも大海原に大の字に寝ころびそうな頃に、収穫量も目標としている6キロに達したので、海から引き上げることにしました。今年も大漁です!

 

 

貝を砂抜き用の海水に浸し、家に持って帰ります。その日の夜には砂が抜けているので、当日の夕食は貝料理となります。

 

 

今年は貝料理のうまみを存分に味わえるブイヤベースを作りました。主役であるアサリやハマグリとその他の食材からでる出汁が合わさって最高です。〆はそのスープを使いリゾットにするというスペシャルな夕食となりました。

私にとっては、潮干狩りや料理を堪能することによって生まれる家族の笑顔が何よりのご馳走です。

 

潮干狩りは大自然を感じながら、友人や家族と楽しい時間を過ごすことができるのでおすすめです。気候の穏やかな今の季節は、ぜひ自然を感じながら友人や家族との楽しい時間を過ごしてみてください!

動物と触れ合えるスポットをご紹介

皆様はじめまして。生保労連中執で、PGF生命労働組合の吉原です。

私事ながら、以前まであまり犬や猫をはじめとする動物には興味がなかったのですが、加齢の影響からか興味を持つようになりました。始めは近所に住みつく野良猫に興味を持ち、そののち鴨や鯉、雀など身近な生き物に愛着を持つようになりました。

そこで今回は動物と触れ合えるスポットをご紹介しようと思います。

その場所は北海道のノースサファリサッポロです。北海道といえば旭山動物園が有名ですが、エサやりや抱っこなど動物との触れ合いが多い点で、ノースサファリサッポロをお勧めします。

 

園内は動物の種類によっていくつかのゾーンに分かれていますが、ほとんどの動物にエサやり(熊やライオンにも!)が可能です。

大型の動物には檻を隔ててのエサやりになりますが、その他(キツネ、フクロウ、カピバラなど)は直接エサやりが可能なので、撫でたりつついたりすることもできます。

 

 

また、動物を放し飼いにしているエリアもあり、エサを見ると動物が群がってくるなど、他ではなかなか味わえないと思います。(私はインコに頭上からエサをねだられました!)

動物園自体は大きくないのですが、その分手作り感が満載なので親近感があり、短時間でも多くの動物と触れ合うことができることもお勧めの理由です。

北海道ですと、観光スポットは多くありますが動物好きな方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ふるさとのPR

みなさま、こんにちは。生保労連中央執行委員1年目、日本労組の金田と申します。

さて、本日から新年度となります。3月までは寒い日が続いていましたが、ようやく暖かくなってきましたね。ただし、暖かくなることで、花粉が飛散しますので、私も含めて花粉症の方は気を付けていきましょう。

私事ですが、昨年度から東京へ転勤となり、赴任当初は人の多さに困惑しておりました。

それもそのはず、私、日本で一番人口の少ない鳥取県が生まれ故郷なんです。

いろんな方に、鳥取県のイメージを伺うと、1番目に「砂丘」。2番目に「・・・」となかなか出てこない。

そこで今回は鳥取県の観光スポットを紹介したいと思います。

 

まずは、なんといっても「鳥取砂丘」。入場料は無料で昼夜問わず入場可能です。そして砂丘と言えばラクダですが、ここでは実際にラクダに乗って砂丘を歩く体験ができます。(これは有料です)

鳥取砂丘にいるラクダ

 

なお、隣接する「砂の美術館」では季節によって変わる砂のアート作品を鑑賞することができます。

砂の美術館

 

また、鳥取県のほぼ中央に位置する「三佛寺奥院投入堂」は、登山道を登る必要があるためたどり着くのが大変ですが、絶壁の中に建っているお寺であり、他に例を見ない特異な建造物であるため、一見の価値ありです。

三佛寺奥院投入堂

 

鳥取県の西部に位置する境港市には、美味しい海産物もありますが、水木しげるロードがあり、鬼太郎をはじめとする妖怪たちの銅像が町全体に設置されています。

水木しげるロードの鬼太郎像

 

鳥取県は行きにくいイメージがあるかもしれませんが、なんと県内に2つも空港があります。その名も「米子鬼太郎空港」と「鳥取砂丘コナン空港」。ゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげる先生と名探偵コナンの作者である青山剛昌先生に縁があることから付けられています。

便数は少ないですが、是非鳥取県に行ってみてはいかがでしょうか。

私の同級生

みなさま、こんにちは。今年度期中の9月より中央副執行委員長を拝命しております大同生命労働組合の伊勢です。
生命保険業界に身を投じて25年目を迎えるなか、このような場を与えていただいたことにまずは感謝申し上げ、自己紹介も兼ね「同級生」についてお話したいと思います。

県のイメージとして代表的なお米、日本酒はもちろん大好物という新潟県新潟市出身の私ですが、同級生に拉致問題の象徴とも言える「横田めぐみさん」がいます。

小学校6年のときにお父様の転勤で広島から転校してきた彼女は、絵を描くこと、歌を唄うことが上手な、とても聡明なひとであったと記憶しています。
1977年13歳で北朝鮮の工作員によって拉致されたわけですが、当時は家出か誘拐かと様々な噂が飛び交いました。20年後の1997年に彼女が生きているという情報が入ったときは、大変驚くと同時にただただ安堵したものです。2002年には拉致被害者5名の帰国が叶いましたが、残念ながら2024年現在も彼女はご家族のもとに帰れていません。

私たちは日々大なり小なり悩みを抱えながら過ごしていますが、連れ去られ言葉も知らない異国で生きていくことを強いられた彼女を想うと、何事も乗り越えられるのではと考えさせられます。

拉致被害者の家族会代表として現在彼女の弟である拓也さんが、政府へ、そして国民のみなさまに「我が事であると考えてほしい」と訴えています。母親の早紀江さんも88歳、残された時間はそう長くないかもしれません。

ここ数日、また政府の動きとしてニュースでも報じられることのある拉致問題ですが、ご縁あってブログをお読みくださったみなさまに、この問題に想いを馳せてくださるお時間を少しでも持っていただけたのならば、同級生のひとりとしてありがたく思います。

推し活

今年度から生保労連の中央執行委員を務めております、大同内組の前川と申します。

早速ですが、みなさまは「推し活」をご存じでしょうか。
「推し活」とは、自分の好きなアイドルを推しと呼んで、その推しを応援することを意味しています。今やZ世代の8割は推しがいるという統計があるそうです(知らんけど…)。

Z世代と程遠い私(現在36歳)も、「推し」と呼べるものがないかと思考を巡らせ、幼少期から好きな浜田省吾を推しとすることにしました。そして私の「推し活」が始まりました。

まずは、「推し活」の一丁目一番地、ファンクラブに入会しました。ファンクラブに入ることが初だったので緊張しましたが、快く受け入れてもらうことができました。
会報が届くようになり、今まで見たことがなかった浜田省吾の直筆メッセージや、インタビュー記事を読むようになり、日増しに親近感が湧くようになってきました。
会報の力ってすごいですよね。定期的に届くことや、紙媒体で届くことにファンを大切にしている気持ちを感じることができますよね。組合機関紙にも通ずるものがあると感じました。

少し話がそれましたが、親近感が湧いてくると、同じ時間を共有したいという思いに駆られ、コンサートに行きたくなりました。
2023年は「ON THE ROAD 2023 Welcome back to THE Rock Show youth in the “JUKEBOX”」というアリーナ・ツアーが行われており、1月の有明アリーナでのライブチケットを確保することができました。
当日は、事前に購入していたライブTシャツを着て会場に向かいました。会場に着くと、ツアーバスの記念撮影や、ライブグッズの販売が行われていました。自分と同じく浜田省吾を推しとしている人がこんなにいるのかと思うと、またも親近感が湧き、テンションが上がり、ライブTシャツをもう1枚購入しました。
そしてライブが始まり、生歌に酔いしれ、言い表しようのない充実感に包まれる最高の時間を味わうことができました。楽しい時間は一瞬でしたが、「ぜったいまた来る!」と強く思える素晴らしい時間を経験できました。

私は「推し活」を通して、人を応援することの素晴らしさを再確認するとともに、「推し活」をする時間を確保できる大切さに気づきました。
組合活動を通じて、みなさまの「推し活」をサポートできるよう、業務量削減・労働時間の縮減に全力で取り組んでまいります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。