生保労連(全国生命保険労働組合連合会)は生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合)を組織する労働組合です。

生保労連のつなげる、つながるブログ

子育てのビッグウェーブ

今年、生保労連で副委員長を務めさせてもらっている岡本です。出身は太陽内組です。仕事に打ち込むことが多い日々を過ごしていますが、やはり仕事を頑張るためにも、ワークとライフ双方の充実が大事ですよね。皆さんはどうやってリフレッシュされていますか。私の癒しは週末の家族との時間です。

私が勤める太陽生命では男性に育児休暇として20日間の特別休暇が付与されるなど子育てにも積極的です。そんな会社の後押しもあり、子供が生まれたときには、私も育児休暇を取得し、家族との貴重な時間を過ごせました。

1歳7か月となった娘は、歩けるようになったのがよほど嬉しいのか、家にいると手を引いてきて「うんっ!」と言い、外に出たがります。週末になると、児童館や(砂浜まではいけませんが)砂場のある公園に出かけ遊んでいます。娘は特にすべり台がお気に入り。公園に行くと何度も滑ります。

先日は、前の所属で一緒に仕事をした友人のママ2人とそれぞれの子供を連れ、上野動物園に遊びに行きました。娘はこの日に合わせたように「ぞう」が言えるようになっており、驚きました。

上野動物園といえばパンダ!(娘は夢のなか)

懐かしい話もしつつ、話題の中心は子供の成長の話。「そういえば小さいときってこんな感じだったね。大きくなるとこんなこともできるんだ!」と、盛り上がりました。娘は、7歳・3歳のお兄ちゃん・お姉ちゃんに遊んでもらいながら、本物のゾウを見つけ「ぞう!」と言え、嬉しそう。他にもサイやキリン、動きの速いサルを見ては「あっ!」と驚いていました。

 

3人で仲良く手をつないで
歩く姿にほっこり

子どもたちはよっぽど嬉しかったのか、3人で仲良く手をつなぎながら、レゲエダンサーばりに元気に園内を歩き回り、大人たちはクタクタに。。。子供が3人いるとこんな感じなんだねぇと、子育ての荒波にもまれながらも、どこか感慨深い気持ちになり帰路に着きました。

園内を駆け回りました

出かけると疲れは残りますが、うまくリフレッシュできると仕事への活力にもつながりますよね。皆さんのリフレッシュ方法もぜひ教えてくださいね!

ゆっくり、ふるさとに帰りませんか。

はじめまして、2023年度より副委員長をつとめている髙田です。出身単組はジブラルタ生命労働組合、出身地は埼玉県深谷市です。過去の「つなげる、つながるブログ」を拝見すると、“2023年”に入ってから埼玉県に関わるブログがすでに2本掲載されています(2023年2月2日、3月16日)。

ただ、“2023年度”では初めてになりますので、悪しからずおつきあいください。

全国の組合員のみなさんもご存じのとおり、新しいデザインの日本銀行券(紙幣)が2024年の7月前半に発行される予定であることが公表されています。壱萬円券は福沢諭吉から渋沢栄一、五千円券は樋口一葉から津田梅子、千円券は野口英世から北里柴三郎に肖像が変更されます。

ご存じのとおり、渋沢栄一は深谷市出身です。

渋沢栄一は「日本の資本主義の父」といわれており、日本が大きく変わった江戸から明治にかけて活躍しました。日本が近代化していく中で多大な功績を残し、銀行や保険会社、製紙会社、運輸会社など日本の発展に影響する企業の設立に関与しています。2021年の大河ドラマ「晴天を衝け」の主人公として取り上げられたことにより、さらに広く認知されるようになりました。

さて、去るシルバーウィーク中⁉の9月23日(お彼岸)に、久しぶりに電車で深谷に帰省しました。

深谷駅のホームにも、日本銀行券のデザインに渋沢栄一が選ばれたことを祝う横断幕が掲げられていたほか、駅周辺にも様々なデザインの横断幕がありました。

駅の北側を進むと「市役所通り」と称する深谷駅から伸びる新しい道も整備されており、街の変化に驚きました。 これまで、新型コロナウイルスの影響を考慮し、ふるさとへの帰省を控えていた組合員のみなさんもいらっしゃると思います。普段とは異なる移動手段で、この秋や年末年始をふるさとでゆっくり過ごしてみてはどうでしょう。街の変化や、新たな気付きが得られるかもしれませんよ。

おすすめ韓国ドラマ

みなさん、こんにちは。

今年度より労働政策委員会と内勤職員委員会を担当することになりました、副委員長の阪本です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

9月に入り、朝晩の風が少しずつ涼しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年、私が担当したブログでNetflixのおすすめ韓国ドラマをご紹介しました。

前回に引き続き、秋の夜長におすすめしたい韓国ドラマ第二弾をご紹介したいと思います。

『二十五、二十一』

【あらすじ】

経済危機に揺れる1998年を時代背景に夢を奪われた若者たちのジレンマと成長を描いた青春群像劇。

5人の友人グループ内の恋や友情を描きつつ、経済危機や当時の貧困問題も描かれた社会派ドラマの一面もあります。

出会った当初は険悪な二人の女子高生(ヒド・ユリム)がフェンシングを通して親友へと発展していく様子や、彼女達を見守るイジン、スンワン、ジウンの男女の友情が美しく描かれています。ヒドとイジン、ユリムとジウンの恋愛模様や5人の友情を見ると、

青春はこんなに眩しいのか・・・と感じること間違いなしです。と、ここまでご説明するとただの青春ドラマなのですが、経済危機、9.11など時代に翻弄されてく主人公達を見ると胸が痛くなります。

『ナビレラ』

【あらすじ】

幼い頃からバレエに憧れていた70歳の主人公(ドクチュル)が、才能はあるが伸び悩む青年(チェロク)と出会い、ともにバレリーノを目指す。

厳しい現実に直面しながらも、二人の間に強い絆が芽生える。

70歳のおじいさんが家族に反対されながらもバレエに挑戦する姿は見るだけでも勇気づけられます。心優しいドクチュルがチェロクを支えるのが前半。後半は病気を抱えながらバレエを続けるドクチュルをチェロクや家族が支えていくという、心温まるドラマです。

バレエ未経験のおじいさんが努力を続けてバレエポーズをきめる姿は見るだけで感動します。

「挑戦することに年齢は関係ない!」と勇気づけられるドラマです。

新たに挑戦したいけど一歩踏み出せない、という方はぜひ、ご覧下さい。

9月1日

こんにちは。副委員長の山本です。派遣2年目になりました。

今年度もよろしくお願いします。

さて、9月1日は、何の日かご存じですか。言わずと知れた防災の日です。

今年の春、CMがない某TV局で、「南海トラフ巨大地震」がテーマのドラマがありました。「半割れ」という単語を初めて聞き、「高知での地域ぐるみの津波を想定した避難訓練」も素晴らしい取組みだと感心して視聴しました。

春以降も、消防署や役所といった行政、メディアで様々な特集が組まれていると感じていましたが、今年は、大正12年(1923年)におこった関東大震災からちょうど100年という節目の年であるため、例年以上に防災、減災が取り上げられていたのです。

我が家も少しずつ備えをしていますので、今回は防災の日にちなみ、自宅での避難生活を想定した備えの一部を紹介したいと思います。

・飲み物

水のペットボトル、ジュース系とお茶、飲料用カロリーメイトなどをストックしています。ウォーターサーバーで備えているという知人もいます。

・食料

パッ缶系の焼き鳥、フルーツなどの缶詰、コンポタなどの缶入りスープなどはそのまま使えるので便利です。また、小形ようかんは、保存がききますし、水分なしでも食べることができ、屋外で小腹がすいたときにも普段使いに便利なのでストックしています。

食料は、被災した不安を少しでも取り除きたいと考えて、日常と同じものを食べられるように、消費・補充を繰り返すローリングストックをこころがけています。

・トイレ

ペットシーツや、大人用オムツで代替を想定しています。大人用オムツの使用は、抵抗感との戦いかと思いますが、非常時には意を決して使おうと覚悟を決めています。ペットシーツは、便器のたまっている水の上にビニールを敷き、そこに吸水面を上にして使用します。ゴミもしばらく捨てられないことを想定し、防臭効果があるごみ袋を100均で購入しました。

・光源

備えではありませんが、スマホランタンのご紹介です。スマホのライトの上に、水が入ったペットボトルを置くと光がほどよく拡散され、ちょっとしたランタン替わりになります。

他にも、防災ラジオやカセットコンロ、停電時自動点灯ライトなどさまざまありますが、今回ご紹介した備えが参考になれば幸いです。

大地震は突然やってきます。そして、近い将来起こる可能性が高いと言われています。いつ、どこで被災するかは予想できませんが、避難訓練への参加や地域での声かけ、あるいは日頃のちょっとした工夫で被害を最小限に抑えられる可能性が広がります。 みなさんも、毎年9月1日を「防災・減災に関心をもち、自分の身の安全を考える」きっかけにしてはいかがでしょうか。