生保労連(全国生命保険労働組合連合会)は生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合)を組織する労働組合です。

生保労連のつなげる、つながるブログ

ワークライフバランスはお腹から

みなさん初めまして。副委員長の槇と申します。

冬の厳しい寒さが続きますが、皆さん体調管理は万全でしょうか。

実は私、腹痛持ちで、しっかりと数えたことはないのですが、感覚的に1年の半分くらいはお腹を壊しています。   

大事な会議や楽しい旅行での腹痛って本当にツラいですよね…。

腹痛はワークライフバランスの大敵です!

そこで今年は腹痛に負けないように、その原因について調べてみました。

お腹のユルい方は是非参考になさっていただければと思います。

 

【腹痛の原因】

1.ストレスや温度差による自律神経の乱れ

過度の精神的ストレスだけでなく、エアコンでキンキンに冷えた夏の室内や、暖房で汗ばむような冬の室内など、室内外の温度差による身体的ストレスが原因で、自律神経が乱れることがあります。すると、過剰に分泌された胃酸が胃の粘膜を傷つけ胃痛を引き起こします。

⇒ストレスがお腹にくる!とはよく聞きますが、やっぱりストレスをためない健康的な生活が一番ですね。また、室内外の温度差が激しい真冬や真夏は、冷暖房にあまり頼らずに衣類で体温調整すると良いそうです。

 

2.食べすぎ・飲みすぎ、刺激の強い食べ物

暴飲暴食や、にんにく、唐辛子など刺激の強い食べ物を過剰にとると、胃が痛むことがあります。また適量を超えた毎日のアルコールやタバコ、香辛料、果汁、炭酸飲料も胃酸の分泌を促進して胃の粘膜に炎症を起こし、胃痛の原因になります。

⇒なるほど…私はストレス解消の名目で、大好物のカレーや坦々麺を暴食し、毎晩欠かさずハードな晩酌をしていたのですが、よかれと思っての暴飲暴食が慢性的な腹痛を引き起こしていたようです!

 

ですので、今年は少しだけ生活習慣を変えてみようと思います。ストレスのない範囲で晩酌に変わる好きな趣味を見つけて、楽しく体質改善を図っていきたいなあと思います。

ちなみに、急にお腹が痛くなった時には「大腸の形に沿ってお腹をなでる」といいそうです。

大腸の形が全く分からないのであまり役に立たないかもしれませんが…。

ワークライフバランスは元気なお腹から、みなさんも心身ともに健康で素敵な毎日が送れますように。

手前味噌

さて、寒い日が続いていますが皆さん体調はいかがでしょうか?

書記長の宮本です。

私は今のところ大きく体調を崩すことなく過ごしています。

本日は、私の健康に大いに貢献している「味噌」についてご紹介したいと思います。

 

皆さんもご存じの味噌は、昔から「味噌は医者いらず」という言い伝えもあるほど体にも大変良い食品と言われています。日常生活で積極的に味噌を取り入れるにはやはり味噌汁がおすすめのようで、我が家では毎朝「味噌汁」を飲んで1日をスタートしています。

 

味噌の効果を調べてみると…ダイエット効果、アンチエイジング効果、がんや脳卒中等の発生リスクを下げる効果など、多くの研究成果が報告されているとのこと。インターネットの情報をすべて信じるのはどうかとは思いますが、気になる方は是非ググってみてください!

 

さて、そんな素晴らしい味噌。各地域でいろいろな味噌があるので、お好みの味噌をこだわって購入されている方も多いのではないでしょうか?

もちろんブログのテーマにするくらいですから、我が家のこだわりもハンパありません。我が家では、毎年、寒い季節になると自宅でこだわり素材を使った「みやもと味噌」を作ってます。自宅で味噌を作っていると話すと多くの方に驚かれますが、時間こそかかりますがそんなに難しくないんです。

 

ちょっとだけ手順を紹介しますと

① やわらかく煮た大豆を潰します。潰し漏れがあると味噌汁に大豆が粒のまま入るので頑張りどころです。

② 塩と麹をまぜたものに①で潰した大豆を合わせて混ぜます。

③ ②をこねながら空気を抜き、ボール状にして容器に詰めていきます。

④ ボールを敷き詰めたら、空気が入らないように潰していきます。

⑤ そして、またその上にボールを敷き詰めて潰す、を繰り返します。

⑥ 全部詰め終わったら、表面に焼酎を塗って蓋をすれば仕込みは終了です。

あとは、1年寝かせれば完成です。

 

こちらは昨年仕込んだ「みやもと味噌」です。少し粒は荒いですが程よいしょっぱさとうまみが凝縮されていて味は抜群です。

味噌汁もおいしいですが、夏場はキュウリにつけて食べても最高です!

 

味噌は、材料の質や量、保管する容器・環境、そして手でこねるので肌の常在菌も関係しているのか、自宅で作るとそれぞれ味が違うんだそうです。「みやもと味噌」が美味しいのも、こだわりの素材に加えて、子どもたちのハンドパワーが注入されているからかもしれません。手前味噌ですが…。

 

味も栄養も抜群の自家製味噌、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

新年の誓い

みなさんこんにちは。

産業政策・社会政策委員会を担当しています舘です。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、新たな一年がスタートしましたが、みなさんの一年の始まりはいかがだったでしょうか?

 

私は、以前ブログで猫を飼っていることをお知らせしましたが(以前のブログはこちら)、その猫が外耳炎をおこし、新年早々、動物病院へ通うスタートとなってしまいました。

 

立ち耳なので、念入りに耳掃除をしなくても…という甘い考えから、可愛い我が子につらい思いをさせてしまい反省です…。

 

治療のために、飲み薬と軟膏薬の二種類をもらい一日2回与えていますが、飲み薬は食事と混ぜて与えれば飲んでもらえるので楽でしたが(なにせ、薬を飲ませることはこれまで一度もなかったのでちょっと不安でしたが…)、耳の中に塗る軟膏は一苦労しています。

 

ず、動かないように抱えて…としようとすると、嫌なことをされると察知するのでしょう、隠れてなかなか出てきてくれません。やっと捕まえて薬を塗ろうとしますが、猫の耳の中は人間と違い「ぼこぼこ」としていて中がよくわからず、どの辺りまで薬を塗ればいいのか、恐る恐る塗るので気も疲れます。

 

 

ところがやっと苦労して薬を塗っても、気持ち悪いせいなのか、痒いせいなのか、後ろ足で耳をかいてしまいます。子どもなら言葉もわかるので、ダメなことを教えることは可能ですが、「あっ、かいちゃダメ!」と言っても仕方ないと、エリザベスカラー(イラスト参照)を着けることにしました。

見た目はエリマキトカゲならぬエリマキ猫で可愛いですが、猫にとっては不自由で嫌ですよね…。

早く治すためにちょっとの間、辛抱してね….。

歳をとればそれなりに体力も免疫力も落ちてくるので、今回の反省を踏まえて、きちんと健康管理をしていこうと誓いをしました。

小雪ちゃんごめんね。

 

日本酒のススメ

みなさん初めまして。副委員長の北條と申します。

今回は私のワーク・ライフ・バランスを保つツールであり、日本の文化である日本酒についてご紹介と思います。

以前から日本酒好きだった私は、4年ほど前に思いつきで唎酒師の資格をなんと、通信教育で取得しました。

皆さんが知っているようで知らない日本酒の知識を取り上げてみたいと思います。お好みの一本を発見するきっかけになるかも知れませんよ。

 

<日本酒の分類> ~純米って何? 吟醸って何?~

日本酒は「使用原料」と「精米歩合」(お米を削って何%残っているか)によって8つに分類されます。

精米歩合が低い(多く削っている)ほど、華やかな香りやまろやかな味わいが楽しめ、値段も高くなります。また、醸造用アルコールを添加すると、酔いやすいというイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、添加することで香りを立てたり、味に丸みを持たせる効果もあります。

その他、殺菌のために火入れをする回数やタイミングによって「生酒」「生詰め酒」「生貯蔵酒」「火入れ」と分かれたりもします。

好みには個人差がありますので、少量(60ml程度)でいろいろな種類を飲める日本酒バーや居酒屋をおすすめします。きっとお好みのお酒に出会えますよ。

 

<行きつけの日本酒バーにて>

 

10年ぶりに…

企画広報を担当している副委員長の高橋です。

 

このたび10年ぶりに・・・

 

風邪をひきました!

もともと体は丈夫な方で、これまで大病はもちろん風邪も滅多にひかない私が…

風邪をひきました!

記憶を掘り起こしてみると、な・な・なんと10年ぶりの風邪です。

 

ここ数年は、「週末頭痛」と呼ばれる頭痛に悩まされることはありました。

この頭痛は、平日に緊張によって収縮していた血管が、リラックスによって一気に拡がるために起こるといわれています。

緊張しているようには見えないと言われますが、日々、緊張感をもって仕事をしていたようです(笑)。

 

しかし、今回の症状は、喉の痛み、声のかすれからスタートし、頭痛というよりはどんよりとした重さと倦怠感がありました。

自分の体力を過信し、「すぐに治るだろう」と、とりあえず手持ちの市販の風邪薬を飲むという対処療法に走ってしまった結果、風邪を長引かせてしまったようです。

 

病気と無縁の生活を送っていると、多少のことでは病院を頼らなくなるもので、威力の強そうな市販の薬を購入し自力で治そうとしていた矢先

「病院に行きなさい!」

と、妹たち(女性書記3名)に追い立てられ

それでも

「明日なら時間がとれるから、明日行くね」

と、先延ばしにしようとする私。

「自分の体と仕事、どっちが大切なんですか?」

「ワーク・ライフ・バランスの実現は絵にかいた餅ですか!」

と、矢継ぎ早にお叱り?いや、愛あるアドバイスを頂き、観念しました。

グズグズしている私に、お勧めのクリニックまで調べ上げ

「はい、いってらっしゃい!」と送り出された私は、とぼとぼとクリニックへ向かいました。

さすが、私の趣味嗜好をよく理解している妹たち!

クリニックは清潔で、おまけに院長は(少し)若めの優しい先生。

久々の問診に舞い上がり、発揮しなくても良いサービス精神で、聞かれもしないことまで喋ってしまいましたが、「なるほど、なるほど」「あ~、そうなんだ」と優しく相槌を打ってもらえ、安心感あることこの上なし。

組合活動では、組合員さんをはじめ、いろいろな方たちのお話を聞く機会がありますが、自分ではうまく聞けていると思い込んでいたけれど、果たしてどのくらいの安心感を感じてもらえていたのか?

思いがけず、自分を振り返る機会にもなりました。

 

とりあえず、飲み薬と吸引薬を処方されましたが

「喘息やアレルギーの可能性もあるので、1週間経っても咳が止まらなかったらレントゲン撮りましょう」

と言われ、診察終了!

あとは、1週間、処方箋を飲み続け、回復を待つばかりとなりました。

こんなに薬を飲むのは初めて…

吸引する薬があるなんて…医学の進歩(?)にびっくり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2週間、声が出ずに、仕事にも支障をきたしてしまいました。

自分の体のことは自分が良く知っている!と思い込み、これまでの経験から、自分の治癒力を過信してしまいましたが、それで治ると思ったら大間違い!年齢を重ねるということは、体力も落ちているということですね。

人のことならいくらでも‟おせっかい“を焼くのに、自分のこととなると全然ダメ。

職場の皆さんにもご心配を掛けてしまいましたが、‟おせっかい“を焼いてもらったおかげで、ちゃんと病院に行くことができました。

今度からは、「変だな?」と思ったら、早め早めに病院に行こうと思います。

 

って、まさかこの齢で、こんな当たり前のことに気づくなんて…。

 

みなさんもくれぐれもお気をつけて、変だなと思ったら早めに病院に行ってくださいね。