生保労連(全国生命保険労働組合連合会)は生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合)を組織する労働組合です。

トップページ私たちの活動と考え方 社会貢献活動の推進環境問題への取組み

社会貢献活動の推進

環境問題への取組み

エコキャップ収集活動

エコキャップを回収団体に持ち込みました

身近なところから日常的に実践できる社会貢献活動として、ペットボトルのキャップ収集活動を行っています。

 

エコキャップ収集活動の目的

  • 発展途上国の子どもたちにワクチンを送る
    キャップのリサイクルで得たお金で、子どもたちにワクチンを!
  • 障がい者の方への就労機会提供
    障がい者施設にキャップの異物除去を依頼している回収団体もあります。
  • CO2の削減
    ペットボトルのキャップは、ゴミに混ぜるとCO2の発生源に!土壌汚染の原因にもなります。

 

 

「連合エコライフ21」への参画


画像をクリックすると
ダウンロード用PDFが開きます

環境にやさしいライフスタイルに取り組む運動として連合が1998年に開始した「連合エコライフ21」の取組みに、生保労連も積極的に参画しています。

 

生保労連の取組み

  • 労連本部内ならびに諸会議における適正室内温度設定(夏:28℃、冬:20℃)
  • 「ノー上着・ノーネクタイ運動」の実施
  • 「マイエコバック利用」の推進
  • 節電ポスターの掲示